検索
  • info588634

私が今出筆中の絵本、程 順則(名護親方)にまつわる不思議な話

更新日:3月18日

これって何なんだろう…。

偶然か必然か

それとも、何かのメッセージなのか…。

今、絵本「程順則 名護親方」を

出筆中ですが、着想からこれまで間に、

だまざまな「不思議出来事」が起こっている。

まずは、「むくたうふとぅち」が処刑された

安謝の処刑場跡地に立つ、神社の宮司さんに

「名護親方のいろは歌の秘密」の本を頂いた事、

それから、その本をデザイン制作した方が、

私の委託で働いていた会社に入社してきた事、

そしてまた、歴史博物館で

はじめて出版した時に応援して頂いた方と

再会した事、

私の家内の先祖が

名護親方と信頼関係にあった「蔡温」の母の

先祖と一緒だった事、

そして…、最近あった不思議出来事。

その不思議とは、、、

実は、進行中のこの「絵本(名護親方)」には

外国の皆様にも読んで頂きたいことから

「英語訳」も挿入している。

それで、

英語訳は、以前ネットで

翻訳を依頼したことのある

ドイツ人の方に「声」をかけ、

絵本作成の趣旨を説明したところ

快諾して頂いた。

今現在も「日本」と「ドイツ」を

ライン電話(ビデオチャット含む)で繋ぎ

原稿のやりとりをしている。

先週の金曜日、ライブチャットを

している時、私は、ある事に気がついた。

なんと、そのMさんの顔にホクロがあったのだ。

その時、私は「ハッ」とした。

添付の画像を見ておわかりのように

名護親方は、鼻と口の間に「ホクロ」が

ある。

Mさんの顔にも

だいたい同じ場所、同じ大きさの

ホクロを見つけたのだ。

(画像は添付できませんが)

私はなんだか嬉しくなった。

きっと、「この人は、協力者だよ」

と名護親方から言われているような気がした。

こんな体験ってなかなかないと思う。

ほんと不思議な話だ。

その日は、

ますます、この「絵本」への

思いがつのる日になった。

感謝、感謝、感謝です。

長文を読んで頂き

ありがとうございました。









6回の閲覧0件のコメント